オックスファム・トレイルウォーカー東北2016 参加登録、締め切り間近!

オックスファム・トレイルウォーカー東北2016 参加登録、締め切り間近!

オックスファム・ジャパンは、福島県を舞台に4人1チームとなって100kmを48時間以内、50kmを24時間以内で踏破するチャリティ・トレイルウォーキング&ランニングイベント、「オックスファム・トレイルウォーカー東北2016」を来月7月9日(土)~11日(月)に開催します。

今年は、福島県二本松市岳温泉をスタートし、安達太良山を登り、郡山市磐梯熱海温泉をゴールとする50kmコースと、そこからさらに額取山に登って猪苗代湖をのぞみ、本宮市や大玉村を経由してスタート地点の岳温泉に戻る100kmコースの、2コース同時開催です。

オックスファム・トレイルウォーカー東北2016


このイベントの特徴の一つは、各チームがタフな山道を歩ききることに挑戦するだけではなく、東北支援や国際協力に貢献するための寄付金を集めることにも挑戦することです。各チームはその金額を競い合い、そして集められた寄付金はオックスファム・ジャパンを通じて復興支援と国際協力活動に役立てられます。

現在、参加登録チームはすでに200チーム(800人)を超えており、その内およそ25%が外国人という国際色の豊かさも、このイベントの大きな特徴です。イベント当日は海外や日本各地から、参加者、サポーター、ボランティアも含めて1,000人以上が、スタート地点の岳温泉に集結します。参加申し込みの期限6月20日(月)まで残りわずかです。

160613_adatara.jpg


オックスファム・ジャパンでは、そのイベントのお手伝いをしてくださる、ボランティアも募集しています。参加者がイベント中に休憩するチェックポイントでの給水・フード提供や、時間の計測、英語通訳等、ボランティア詳細については、オックスファム・ジャパンHP(https://oxfam-mng.com/web/volunteer/)をご確認ください。お問い合わせは(電話03-3834-1556)へ。

160613_voranteer.jpg


オックスファム・トレイルウォーカーとは


オックスファム・トレイルウォーカーの大きな特徴は、個人で参加するのではなく、4人1組のチームで参加することにあります。全行程をスタートからフィニッシュまで4人1組で完歩しないことには順位もつきません。参加者は、チームメイトと互いに助け合いながらチーム全員揃ってタフな山道を歩き切ることに挑戦します。

また、体力やチームワークにおける挑戦と同時に、各チームは、最少6万円の寄付金集めに挑戦します。オックスファム・トレイルウォーカー東北2016で集められたご寄付は、オックファム・ジャパンを通して、世界90カ国以上で行われている緊急人道支援活動や長期開発支援、貧困問題に取り組むための調査提言活動に活用されるほか、東北の復興支援にも役立てられます。


世界でのトレイルウォーカーの広がり


オックスファム・トレイルウォーカーは1981年に香港でスタートし、その後、イギリスやオーストラリアなどでも多くの参加者を集める世界的な国際協力イベントとして定着しました。2015年には日本も含め、 世界9カ国/地域において、16のトレイルウォーカーが開催されました。

これまでに世界各国から135,000 人が参加し、 47億円以上の寄付が集められました。日本でも2007年から毎年開催され、今年で10年目となります。2015年までで延べ6,000人以上が参加し、累計4億円を超えるご寄付をいただいています。


取材について


オックスファム・トレイルウォーカー東北 2016の取材は随時受け付けております。
国際色豊かで個性あふれる参加チームの48時間耐久の過酷なチャレンジ、国際協力のための資金集めの苦労、スタートからゴールまでのチームに起こる様々なエピソードや感動秘話など、参加チームごとに異なるストーリーがあります。チームへのインタビューも可能ですので、取材のお申込みはオックスファム・ジャパンまでご連絡下さい(英語通訳可)。


オックスファムとは:


国際NGOオックスファムは1942年にイギリスで設立され、世界90カ国以上で活動する国際協力団体です。世界18の国・地域に拠点を置き、貧困を克服しようとする人々を支援し、貧困を生み出す状況を変えるために活動しています。

オックスファム・トレイルウォーカー東北 2016に関するお問合せ:
特定非営利活動法人 オックスファム・ジャパン
Tel: 03-3834-1556  FAX:03-3834-1025
トレイルウォーカー担当:辻 miwa@oxfam.jp
詳しくは、https://oxfam-mng.com/web/web.htmlをご覧ください。